廃車についてのこと、お教えします!


どうする?廃車

廃車済みの車両を再び運転する方法

廃車済みの車両を再び運転する方法 廃車済みの車両のうち、登録自動車の場合は一時抹消登録をした車両、軽自動車の場合は車検証の返納届を出した車両については、自動車重量税の納付と自賠責保険の加入手続きを済ませて、車検に合格して自動車検査証を取得すると、再び公道上を走ることができるようになります。
普段自動車を運転している人が車検証の有効期限が切れる前に受ける車検は、正式には「継続検査」と呼びますが、廃車にした車両を再び道路上で運転させられるようにするために受ける車検は「新規検査」と呼ばれています。
実は、新車を道路上で運転可能にするための車検も「新規検査」と呼ばれていますが、新車と中古車では必要書類が異なっています。
中古車の新規検査では、登録識別情報等通知書や自動車検査証返納証明書の提出が必要となっているので、廃車手続きを終えた後はなくさずに保管しましょう。
継続検査も新規検査も、検査場に車両を運んで保安基準を満たしているかどうかを検査するという点は変わりません。
しかし、継続検査は最寄りの自動車検査登録事務所、軽自動車検査協会、指定整備工場で受検できるのに対し、新規検査の場合は使用の本拠の位置を管轄する検査登録事務所もしくは軽自動車検査協会でしか受検できません。
引越しなどの際に住所変更の手続きなどを忘れずに行っておかないと、廃車にする際に面倒な作業が増えることになるので、住所と車検証の記載事項は一致させておくようにしましょう。

0円保証の廃車買取業者もあります

車を長年にわたって乗っている人や、急に必要がなくなったために放置してしまっている人もいると思います。
車検などをしていないときには、廃車扱いにすることを考えるものですが、そのような手続きをしないで買い取ってもらうことができればお得です。
現在では廃車について取り扱っている業者があることから、長年乗っていない車であっても売却できる可能性があります。
同じ買取をしてもらうのであれば、できる限り高く売却したいと考えるものですので、どのようなものを売ることができるのか把握しておくと良いです。
廃車買取店では、年代物の車や修理をすることで動かせる車などは、良い価格で買い取ってもらえることが考えられます。
一方で、専門の買取店であっても現金化できない車もあり、エンジンが完全に壊れてしまっているものなどは売却できない可能性があります。
現金化ができない状態の車であれば、0円保証をしている業者に引き取りを依頼することで、無料で処分してもらえますので、廃車の手続きに必要な経費を節約することができます。
自分で手続きを行うことになると、相当な手間がかかってしまいますので、処分の手続きを代行してもらえるだけでもお得なサービスが行われていると判断できます。

廃車の買取に関するサイト

重量税、自賠責の未経過分も査定額に上乗せ。面倒な廃車手続きも無料で代行

廃車の高価買取


Copyright 2016 どうする?廃車 All Rights Reserved.