廃車についてのこと、お教えします!


どうする?廃車

電気自動車のニュース

セキュリティグッズ 近未来の車の技術とされていた、レーンキープや自動ブレーキ、自動運転などの技術が市販化されるニュースを良く耳にしますが、EVの普及でボディー形状も材質も大きく変わる時代に突入した様です。
EVは、内燃機関の様に大量の熱を放出しない為に、現在の様な金属製のボディーの必要性が無く、また電気モーターはエンジンに比べて小型なので、エンジンの様に大きなスペースを確保する必要も無く、ボディーデザインが自由となります。
又、熱耐性が低いが安価な熱可塑性樹脂による炭素繊維強化プラスチックの利用も可能とされ、大幅な軽量化が可能ニュースでも取り上げられています。
EVに限った事ではありませんが、今年はモニターにより安全確認が道交法で許可されサイドミラーや室内ミラーが無くなります。
又、フロントガラス表面のコーティングするのでは無く、高周波を出す電子装置をフロントガラスに設置する事で、雨天時には必要だったワイパーも姿を消すとされ、車は非常にスッキリとした外観になると言われています。

車の定員について

車の購入について検討している場合、カタログは非常に役に立ちます。
販売店で自分の買いたい車が展示されていたとき、その場では購入の契約はせず見物だけをしておき、カタログをいただいて帰るのが良いでしょう。
家でじっくりとカタログを確認することが重要です。
そして、欲しい車の装備や性能やインテリアなど、様々な点についてチェックしておきましょう。
オプションで、どんなナビゲーションやカーステレオを装着しようかと吟味するのも楽しみのひとつになります。
実際に買ってしまった後に後悔しても遅いですので、買う前に納得がいくように色やグレードなどの詳細まで考えておきましょう。
それから、諸元表に記載されている燃費と実燃費は違います。
諸元表に記載されている燃費は一番条件が良いときに走行した場合の燃費ですので、実際に街乗りをした場合の燃費は少し落ちます。
カタログを見ているだけでも気分が良くなってきます。
是非とも詳細まで目を通してください。


Copyright 2016 どうする?廃車 All Rights Reserved.